1月:修正会

2月:春の永代経法要

3月:春の彼岸会法要

3月:誓報寺仏教婦人会報恩講

5月:親鸞聖人降誕会法要、初参式

8月:報恩講

9月:秋の彼岸会法要

11月:秋の永代経法要

12月:秋初穂感謝法要

12月:除夜会

毎月22日:常例法座




行事予定

5日

南ブロック仏婦大会打ち合わせ会

7日

空知南組仏壮連絡協議会

14日

土曜学校

16日

書道教室

19〜21日

春の彼岸法要

22日

仏教婦人会報恩講

2日

仏婦主催敬老食事会

17日

土曜学校

20日

書道教室

22日

常例法座

24日

土曜学校

お問合せ先はこちら





1月1日

修 正 会

一年の始まりのおつとめ、新たな年を迎えたことを節目として、私の生き方を振り返り見つめなおして軌道修正をするという意味の法要であります。軌道修正の「修正」だから「修正会」といいます。
当誓報寺では1月1日午前0時に本堂にておつとめをいたします。今年の模様はこちら





2月1日〜5日

春の永代経法要

永代経とは「永代」ですから過去、現在、未来、昔も今もこれからも「経」お経を拠り所に生きてまいりましょうね。そのお「経」のお心を聞き開くお寺を「永代」に存続させましょうねという願いを込めておつとめをする法要です。
毎日午後1時おつとめ 引き続き法話2席





3月19日〜21日

春の彼岸会法要

「暑さ寒さも彼岸まで」と云いますように気候の良いこの時期に、阿弥陀さまの必ず救うという本願にいわれを聞き開かせていただく聴聞週間であります。
毎日午後1時おつとめ 引き続きご法話2席





3月22日

誓報寺仏教婦人会報恩講





5月9日

親鸞聖人降誕会法要、初参式

承安3年(1173年)5月21日に京都日野の里でご誕生になられました。そのご誕生をお祝いする行事を降誕会法要といいます。この時、檀信徒のご家庭でお生まれになった赤ちゃんの初参りを実施しています。この時、お参り・記念品贈呈・記念撮影をいたします。
午後1時より 今年の模様はこちら





8月26日〜28日

報 恩 講

私に浄土真宗の教えをお伝え下さった親鸞聖人のご命日を縁として、そのお徳に感謝し、私が仏さまの教えを聞かせていただく大切な集まりということです。恩に報いる集い(講)だから報恩講といいます。





9月23日〜24日

秋の彼岸会法要

春の彼岸会法要参照
毎日午後1時おつとめ 引き続き御法話2席





11月22日〜26日

秋の永代経法要

春の永代経法要参照
毎日午後1時おつとめ 引き続き2席御法話





12月12日

秋初穂感謝法要

秋収穫を終えたお米(初穂)を仏前にお供えをし、自然の恵みや親の恩そして仏さまのお慈悲に感謝する法要です。
午前11時:おつとめ 終了後:おとき(昼食) 午後1時:法話2席





12月31日

除 夜 会

大晦日の晩に新しい年を迎えるにあたって行う行事。お寺で梵鐘を撞いて百八の煩悩を払い新しい気持ちで新年を迎える行事として定着していますが、私の煩悩は梵鐘を撞いたぐらいでなくなるようなシロものでは有りません。煩悩に振り回され続けたこの1年を振り返り煩悩の身のままにすくい上げようと働いて下さる阿弥陀さまのご恩を忘れないためにおまいりをするのです。お寺の鐘は「ご恩、ご恩」と響きます。
午後11時50分より鐘を撞きます。





毎月22日

常 例 法 座

毎月、日を定めて法座が開かれます。法座終了後今月のお菓子を参詣者一同で頂きながら話し合いをいたします。お聴聞こそ浄土真宗の努めです。「月に一度はわがお寺に年に一度は本山に」
午後1時:おつとめ 引き続き御法話2席




ホーム

年間行事予定

あなたへのメッセージ

写真日記

茶のみ話

インターネット座談会